ベンチャー企業で自分のスキルをアップ

ベンチャー企業で自分のスキルをアップ

あまり効率は良くないでしょうが、組織側からだまっていても定期的に研修が与えられるし、真面目に勤めてさえいれば年相応の担当業務が与えられて、インターンシップを含めだいたい35歳くらいまではソコソコの経験を身につけられるとおもいます。それは人に聞くまでもなく、自身が一番良くわかっているはずです。

簡単にいうと、それは成長させてもらうのか、それとも成長をするのか、という主体の違いです。そういった場所では、研修を組織側が与えてくれたり、放っておいても担当業務とか賃金が上がっていくということはまずないでしょうが、ベンチャー企業就職なら自分次第で、尋常でない成長を遂げられる可能性があります。

要するに、自分が自身のキャリアのかじ取りをどこしたいかによって、ベンチャー企業就職なのか大企業なのかどちらに進むべきかはおのずと決まってくるはずです。「成長とは組織にさせてもらうものだ」と思っている人は、ベンチャー企業就職ではなく大組織に就職をすると好いでしょう。

「成長はあくまで自分自身でするものだ」と考えている人は、仕事を最初から任せられるきっかけのたんまり新興組織にベンチャー企業就職するといいと思います。大企業とベンチャー企業就職のどちらに就職するのが好調のかについては、「結局は人による」「一概には言えない」などといわれますが、大企業とその他の企業でのキャリア形成には、じつは本質的な違いがあります。